2006年12月25日

ランチュウ(金魚)の餌に醗酵液を撒布

約一ヶ月前から育成用の醗酵液を使っている、ランチュウのトップブリーダーからコメント頂きました。

『コンテストに出品したりすると、輸送中の擦れなどにより細菌感染を引き起こしやすく、コンテスト会場では、他の出品魚と混泳するため、病気をもらって殺してしまったりしまいます。
今回は、コンテスト帰りで修復不可能と考えられる個体群池のランチュウに対して醗酵液を使用しました。
効果は直ぐに現れてきました。これは大変元気に遊泳することで確認できますし、水も汚れにくい点からも確認できました。
人口飼料の餌に醗酵液を染み込ませて使用するという簡単な方法での使用でしたが、こんなに早く効果が出るとは思いませんでした。
これからも良いアドバイスをお願いします』

想定していた効果が出て安心しました。
実は、コンテストに出品する高価な個体に対しての実験でしたので、かなりビビってましたが・・・(^^)
水質を痛めにくくしているのは、新陳代謝を良くし、消化吸収率の向上させることにより、排出する糞が腐敗しにくい状態になっているからだと思います。更に、醗酵液の中に水質浄化するバクテリアも入っていますので、相乗効果でこのような良い結果が出たと考えられます。
また、醗酵液によって、ウイルスが抑制されているとも考えられます。
この醗酵液には、生長促進効果バイオが入っていますので、稚魚から使用すれば、かなり生長が早く、巨大化すると予想されます。
これからの産卵育成シーズンが楽しみです。
人間が飲んだら?
そりゃ〜マズいでしょ〜ガリバーに・・・(笑)
rancyu.jpg

ランチュウ(蘭鋳、蘭虫、卵虫)は、金魚の一品種。背びれがなくずんぐりとした魚体、頭部の肉瘤の隆起などが特色である。
和金(ワキン)から品種改良され、江戸時代に作成された品種である。珍しいことと他の品種よりもデリケートなことも相まって他のキンギョとは別格に扱われている。
「キンギョの究極」とも言われ、その造形美を競うことから、錦鯉とともに「泳ぐ宝石」と言われる。形の良い個体を育て上げるために、繁殖から餌付けまで細かく生育が管理される。1匹数十万円という高値もつくことから、各地の生産業者も良質の品種、個体の生産にしのぎを削っている。各地に同好会があり、品評会が開かれる。好事家からは「らんちう」と呼ばれる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋
posted by てっちゃん at 05:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 醗酵液 ランチュウに対する影響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

広島ミミズの会 会員宅訪問

今日は会員の竹村さん宅にお伺いしました。
先日、不要になったプランターを引き取って欲しいと、加用会長からメールが入り、今回の訪問となりました。
このプランターの活用は、来春から始める醗酵液&ミミズ糞の実験に使用する予定です。
実験内容は、2年間の無施肥料土壌開発です。
takemura okuzyou saien.jpgmimizu takemura.jpgpurantre.jpg

三階(の屋上・・・四階になるね)から運び出すのに・・・久しぶりに汗して血行がよくなりました(感謝)
posted by てっちゃん at 17:52| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島ミミズの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醗酵液によって、無農薬、無化学肥料で高収穫、低コストの農業栽培技術を実現!



てっちゃん農場主&アース ポケット代表 森分 哲司

問い合わせ

Orgonite for a field.JPG

2000年〜:祖母の農地を管理するために、暇な時だけ農業を始める。
畑の虫達を殺せないが為に自然農法を始めるが、雑草に虫の発生に悩まされ、苦労の連続が続く。
2003年:醗酵液による農法を素人なりに研究を始める。
2004年:農地の一部を完全に醗酵液を使用した農法に切り替える。
2005年夏に、究極簡単農法は醗酵液農法であると気づく。
究極とは「美味、多収穫、早期育成、健康で高栄養で、安全で、安くて、簡単な栽培方法」です。
2006年春:リンゴ栽培農家に河合勝先生の醗酵液農法を紹介。
      りんご園併設の野菜農地で醗酵液農法による育成効果を確認。
2006年秋:秋撒き野菜の生育に驚きの毎日です。
      今年の果樹は不作と近隣の農家は言っているが、
      てっちゃん農場地は例年以上の収穫が見込める状況です。

********************************************
posted by てっちゃん at 07:08| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 醗酵液 植生トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

アースポケット的農法のネーミングとは・・・

オリジナルな有機的管理農法を確立し、実践を公表しながら伝えていきたい・・・ 有機的管理農法とは、他者生産の肥料等を使用しないで、自己管理できる安全な資材と方法を確立していく農法です。 しかも、安く!更に専門的な知識を必要としない方法・・・

有機的管理農法ふりかけ農法ひらめき
posted by てっちゃん at 15:45| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 醗酵液 総合トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

醗酵液の抽出醗酵基材

アースポケットの扱う醗酵液は、厳選された抽出醗酵基材を使用した究極の活性醗酵液です。
少量の手作り製造だからこそ可能な、贅沢な素材を惜しげ無く使用しています。

抽出醗酵基材として!

○ 糖類:サトウキビ汁100%粉黒砂糖「天光糖」(含蜜糖) を使用しています。
サトウキビ汁をそのまま煮詰める「黒糖」にはたくさんのミネラルやビタミンが含まれています。
白砂糖(上白)と比べると、カルシウムが240倍、鉄が47倍、ナトリウムが23倍、カリウムが約350倍もあり、白砂糖に含まれていないビタミンB1、B2、ナイアシンなども含まれています。
カルシウム、カリウム、ナトリウ、マグネシウ、マンガン、リン、亜鉛、鉄、銅といったあらゆるミネラルが豊富で、パントテン酸などのビタミンB群が、バランスよく含まれています。

○ 天然塩:ピラミッドソルト・ウユニの塩と、ローズソルトを使用しています。
ウユニの塩は、約2万年前最後の氷河期が終わり、やがて氷河が溶けた水は土中の塩分を溶かしながら塩水となり、標高約4,000メートルというアンデス高地のくぼみにたまっていき、塩の湖や塩原が誕生したといわれています。
現在のウユニ塩湖は、雨期には塩水に覆われますが、乾季には湖は完全に干上がり塩の結晶だけが残るそうです。
現在のウユニ塩湖は、雨期には塩水に覆われますが、乾季には湖は完全に干上がり塩の結晶だけが残るそうです。
標高が高いために工場など産業施設も無く、この塩は汚染されてない自然のままのものといわれています。
そしてその天然のバランスを物語るように、粉砕前の結晶がピラミッド型をしているそうです。

ローズソルトは、合ミネラル奮有量では世界有数の塩で、特に鉄分が豊富(普通の塩の10倍以上)なため、自然に塩の色が薄い赤色になりました。
太古の深海(2,OOO〜3,OOOメートル)が隆起して、海水がそのまま自然結晶した岩塩を粉末化した塩です。
エネルギーが非常に高く、1〜2%いれるとその水はπウォーターになります。

○ 補助資材
アメリカ大陸の太平洋からチリにかけて棲息する、ジャイアントケルプという海藻です。
地球上の植物で一番成長の早いコンブで、1日に1メートル成長し、50〜/00mに達します。
成長カの大きい原因は、成長活性成分(亜鉛)を多く含み、光合成能カが非常に高いためで、さらにヨウ素や長い体を支えるカルシウムや、マグネシウムなどのミネラルが多いからです。

アースポケットblogに掲載している醗酵液は、特別なルートでしか手に入らない薬草や海藻等を材料として使用し、ユニークな技術と発想で製造しています。

これらの抽出醗酵基材と、メイン素材をブレンドし、特殊な行程を踏んで、栄養たっぷりの醗酵液となります。そして様々な場面で、バランスを整えてくれるのです。
posted by てっちゃん at 15:07| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 醗酵液 総合トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ペットにミネラル&酵素

ドッグフードって信じられますか?
動物病院のお薦めフード・・・最近ドッグフードばかり与えていて、人間と同じような病気になってしまうペットが多いそうです。人間に飼われている動物は、ガン、エイズ、アトピー、アレルギー、糖尿病、貧血、ヘルニア、フィラリア、肝機能障害、肥満、皮膚炎、ウィルス感染症、脊髄損傷、老衰、白血病、などなど人間と同じような病気にかかっています。
一時期は、動物病院のお薦めフードが安全だから、他は与えない方が良いと言っていたんですが・・・この指導が、様々な病気を加速させてしまったのかもしれません。
ある情報では、ペットフードは、最新の栄養学に基づいた完全栄養のとれたバランス食品だといわれていますが、何故かよく理由はわかっていないが、長期間ペットフードを食べ続けている動物は、病気になる確率がとても高まる、というデータがあるそうです。
養価の高い、無添加のペットフードや、サプリメントを食べさせているからといって、それだけで足りるわけではありません。

それは何故でしょうか?

ある文献では、それは、栄養に「酵素」が含まれていないからだそうです。

栄養をバランスよく取り込んでも、酵素が無ければ、栄養は身体を素通りしてしまうそうです。
栄養は必要ですが、特定の健康食、多くても数種類の栄養素や化学物質を投入しても、体全体をトにコントロールできるほど「健康」は単純ではありません。

そこでお薦めなのが、醗酵液&ジャイアントケルプです。
醗酵液は、健康に良いアミノ酸とミネラルの酵素液で、ドックフードに撒布します。
それに加えて、ヨウ素や亜鉛、長い体を支えるカルシウムや、マグネシウムなどのミネラルが多い海藻粉末をまぶして与えています。
犬とはいえ、愛する家族ですから、人間と同様に食も気遣ってあげたいですよね!

hakusai0001.JPG 愛犬の雷斗くん

ご興味がありましたら、モニター価格でお分けいたします。
コメント記入か、メールでお問い合わせください。
問い合わせ


posted by てっちゃん at 19:39| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 醗酵液 健康トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nature Liqid Soap(馬油&醗酵液の石けん)

一ヶ月前に制作した手作り石けんです。初体験なのです!
ようやく硬化安定して使用できる段階になりました。
この石けんは、馬油を主成分にデドックス醗酵液やヒアルロン酸等がたっぷり入っています。
しか〜し! 百姓のごつい皮膚の私には効果が分かるかどうか・・・(^^)
とりあえず洗顔用にと!
Nature Liqid Soap.jpg
この石けんを制作した時にお世話になった平松先生のHPです。
manboさん
posted by てっちゃん at 18:41| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 醗酵液 健康トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

広島市内で唯一のJAS有機農家さんを訪問 その2

今日は、前回お約束していた防虫防除醗酵液と生長促進醗酵液を手にお邪魔しました。
やはりルッコラの若芽にアブラムシが(。。)、、、醗酵液頑張ってくれよ〜(^^)/
morita1.jpgmorita2.jpgmorita3.jpg
お土産に有機野菜を頂いてラッキー(^^)
ツダラディッシュをご存知なかったので、種をプレゼントして帰りました。

posted by てっちゃん at 15:07| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 有機栽培農家訪問記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ミミズの飼育

このミミズ記事は、今年の夏から始めたミミズの観察ブログを移転させた内容です。

我が家では、調理クズをミミズに食べさせています。
それも年から年中部屋の中で処理しているのです。
臭い? とんでもない!素材そのものの臭いが微妙にするだけです。フタをすれば全く臭いません。と言う事は、ミミズ達が生ゴミが腐敗しない還元環境を自ら作り上げているに違いないのです。ミューア(イヤシロ本舗 HP)も入れてありますから相乗効果でバッチリ!
バケツの中の容量は殆ど増えない状況で1年以上経過しています。
a0081482_1283219.jpg
これは。試験菜園に設置してあるいミミズハウスです。
野菜クズを投入したりしています。
a0081482_9103392.jpga0081482_21222531.jpg

2006,07/13
最近は、畑のミミズ達に調理クズを持っていってるので、コーヒー粕とかキノコの軸とかを入れてます。栄養あるものが欲しいと言ってるかも・・・たまに愛犬(雷斗)のドッグフードを・・・
きょうは、菜園で収穫したラッキョを漬けるための調理をしました。
さてさて、ミミズ達にとって球根類は・・・ご褒美なのか・・・
a0081482_17465514.jpg

2006,07/17
ラッキョの下にはミミズが「美味しくないな〜」なんて言ってるかどうかわかりませんが、食べていないようにも見えます。
ラッキョ投入前日に入れたスイカの一方は姿が確認出来ない程になっている。
a0081482_13181953.jpg

コーヒーフィルターの様子です。
撮影が下手で見えにくいですが、ボロボロになっているのが分かると思います。
a0081482_13184982.jpg

2006,07/22
スイカは、ほぼ消滅しました。コーヒーフィルターは手で持てない程にボロボロ状態になっています。
問題のラッキョですが、着々と下の方から食べているんです。地盤沈下のようにラッキョが下に沈んでいく光景が興味深いです。
後に気づいたのですが、山盛りにしていたラッキョがフラットになっているのです。これは相当食べてる感があります。
a0081482_924685.jpg

2006,07/28
スイカ&コーヒー粕&フィツターは補食分解し、ラッキョは約60%補食分解している。
a0081482_9435930.jpg

2006,08/03
ラッキョは約90%補食分解している。新たにピーナッツを追加!
a0081482_18573457.jpg

2006,9/2
すっかり忘れてました。(空き部屋に移動させてから、ミミズの存在を忘れてました)
昨日覗いてみたら・・・全く何も無くなってました。
なんという失態・・・
しかし、ミミズの食欲は凄いと実感させられる飼育実験でした。
posted by てっちゃん at 15:29| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ミミズによる有機物処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

果樹の生育

果樹は生育を評価するほどの数を育てていないので、自己満足の独り言として見てください。
例年になく不作の年と言われている当地区の方々の意見ですが、この菜園では例年にない豊作になっています。この結果に対して言える事は、例年行っていない発酵液の効果としか言えないのです。
kannkitsurui.jpgyuzu.jpgremon.jpgkinkan.jpg
posted by てっちゃん at 20:27| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 醗酵液 植生記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。