2006年11月16日

白菜の巨大化

この秋から白菜の育成に土壌と葉面に醗酵液を撒布しました。
実験区の土壌には、有機肥料等は入れないで、籾殻とフスマを少量混入しただけです。
対象区には、牛糞と少量のミミズ糞に籾殻とフスマを混ぜて土壌に混入しています。
現在、ようやく葉が巻きかけた幼菜ですが、このように差がでています。

左側が実験区で左側が対象区です。

hakusai0006.JPG
hakusai0001.JPG

問い合わせ
posted by てっちゃん at 18:06| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 醗酵液 植生記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張ってらっしゃいますね。
この実験は、大変興味深い結果が出ており、もっと詳しくお教えください。
例えば、醗酵液の撒き方や肥料の入れ方など。
年寄りにも無理無くできる方法でしたら使ってみたいです。
宜しくご指導ください。
Posted by 爺さん婆さん at 2006年11月27日 07:03
コメント一号ですね〜有り難うございます。
醗酵液の撒布の方法は、噴霧器等のスプレーでも如雨露でもOKです。持ち運びに負担のない容量で作業されたら良いと思います。
てっちゃん菜園では、有機肥料は入れていません。その代わりに有機質として「フスマ&籾殻」を少量入れています。
その他、ご質問がありましたらメールでお願い致します。
ありがとうございました。
Posted by アースポケット てっちゃん農場主 at 2006年11月27日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。